氏名をクリックすると、プロフィルとコメントがでます

 参加順・五十音順
植木 俊二

Q1 生まれたところ、今住んでいるところ、簡単な略歴
1942年東京の荻窪で生まれ育ちました。横浜へ移って約50年。ここ栄区上郷みどりが丘に住んで40年になります。メーカーの研究開発、教育などに携わってきました。現在、企業内の短大で派遣講師を務め学生から活力をもらっています。妻と二人暮らしですが孫は5人います。O型で巳年。アバウトでロマンチストで粘り強いです。

Q2 探険隊に参加するようになった動機
リタイア後、地域の中で何か社会貢献をしたいと思っていたところ、みどりが丘に「探険隊」が立ち上がりました。孫と同じ年代のこどもたちと一緒に学び、感動、共感し合える充実したセカンドライフを過ごしたいという想いに叶っていたので迷いなく入隊しました。

Q3 探険隊で活動してよかったこと
実験をしたり、ものを作っているときの子どもたちの楽しさ、廻った、動いたというときの嬉しそうな目の輝きなどに感動をもらっています。また、スタッフは若いお母様方が中心で、明るく和やかでアットホームな雰囲気が気にいっています。同じ地域に住む子供たちや子供たちのお父さん、お母さんそしてスタッフ仲間など多くの人と触れあい、地域に愛着を感じています。

Q4 趣味や他に活動していること
●コーラスをやっています。発表会やコンサートで舞台に立つことは程よい緊張感をもたらしてくれます。日々の練習が日常生活の軸になってしまいました。発表の場も公会堂、鎌倉芸術館、県立音楽堂、みなとみらいと広がり、数年前にはドイツで「第九」を歌うという貴重な経験をし、最高の思い出を作ることができました。ここ数年は「栄第九コンサート」の事務局として栄区役所、音楽協会などの活動に参加し楽しんでいます。
●老人ホームや地域ケアプラザの慰問活動もします。最近はおじさんバンド(さかえシニアバンド)を結成し、私はフルートを担当していす。「生伴奏で歌が歌える!」と喜んでいただいています。3月に上郷地区で初デビューしました。
●合間をぬって近くの小学校で算数の授業のお手伝いをしています。始めてから3年になり、学校の先生方の苦労がよく分かります。お役に立っているようなのでとてもやりがいがあります。

Q5 その他ひとこと
30年余の企業生活では得られなかったものを今、沢山学んでいます。ボランティア活動はときに“つらさ”を感じますが他人から責められるものではなく自分自身を問うことによる“つらさ”で、それを解決すると“やりがい”に繋がります。楽をすればそれなりに終わってしまいます。夢は努力すればかなうことも実感しました。まだまだ夢を追い続けようと思っています。

戻る

 
 関口 秀夫(主宰)
 関口 佳子
 阿部 真樹子
 植木 俊二
 大井 志津枝
 岡部 明子
 関口 麻紀
 村山 祐輔
 中間 順子
 内田 宏和